暑い夏場は会社に付いたらサーキュレーターの風を自分の体に当てると、汗がドンドン引いていく! | 脇汗抑えたい人が読むブログ

暑い夏場は会社に付いたらサーキュレーターの風を自分の体に当てると、汗がドンドン引いていく!

150525_senpuuki_01
↑前の職場で使ってたのと、家用に使ってるサーキュレーター。


電車通勤で汗びっしょりになった体だけど、オフィスは節電でちっとも涼しく無い・・・。朝から汗ばんだ体で仕事をスタートするのは気持ちがわるいものですよね。とくに先日書いたこんな感じで東京の夏は暑いんですよ!

朝の数十分の通勤でワキ汗はびっしょりなってるのに、そのままパソコンに向かいデスクワークなんてやってられない・・。そんな時の僕なりの汗対策を書いてみました。


会社に着いたら僕がやる汗対策。


トイレに駆け込む。

汗がびっしょりならトイレに駆け込み一旦体を拭く。トイレットペーパーでふく。もちろん制汗シートがあれば尚いいですね。

しかしトイレはエアコンが効いてない密室なので、余計に汗が出る事もあるのでササッと拭くのがポイントです!

飲み物を買う。

お金の無駄遣いだと思っていながら、夏場は自動販売機でキンキンに冷えた飲み物についつい手が出てしまいます。ペットボトルより缶ジュースの方が冷たいので、飲む前に首筋や、手首に当てて体を冷やすのも効果がありますが、今年は水筒でも持ち歩こうかなと思ってます。


机の下にサーキュレーターを置いておく。

僕は自分用にアマゾンで買ったサーキュレーターを足下に置いて、出社したらまずは体の温度を落としつつ、全身の汗を乾かして、夏場で火照った体を一気に冷ましています。

制汗シートで体を拭いても、体の温度までは下がりませんが、風は一気に体の温度を下げてくれるので、吹き出す夏場の汗が止まり易くなり、その後の業務に支障も出づらくなります。

ワキ汗が出なくなったとはいえ、夏場は、背中や胸元から汗は出るので、サーキュレーターは汗っかきな僕にとって欠かせないものです。洋服に出来てしまった汗染みさえも、サーキュレーターなら乾かしてくれますので心強い味方ですよ^^

コンパクトで夏場が終われば家に持ち帰るのもそこまで大変じゃないし、扇風機と比べても収納もしやすく使い勝手がいいです。なにせ値段が手頃。
150525_senpuuki_02

オフィスまで運ぶのが大変という人は、アマゾンだと近場のコンビニに送って受け取る事もできますよ。

僕がアマゾンで2013年の7月に購入したこのサーキュレーターは今でも現役で使ってます。保証書があるよりも壊れないのが有り難い。買ったときに僕が書いたレビューはこちらから読めます。エアコンの風邪を部屋にまびこう!アマゾン人気NO1のサーキュレーター「 ZEPEAL 」レビュー


サキューレーターを使いたくなければ、デトランスαを使えばいいんですけどね^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする