多汗症のクリニックっていくら掛かって何してくれるの?池袋にある「ふくろう皮膚科クリニック」に実際に行ってきてみましたよ。 | 脇汗抑えたい人が読むブログ

多汗症のクリニックっていくら掛かって何してくれるの?池袋にある「ふくろう皮膚科クリニック」に実際に行ってきてみましたよ。


公式サイト 池袋西口ふくろう皮膚科クリニック


デトランスαを使えば脇汗が止まっている僕ですが、海外の制汗剤を使うのが怖いと思う人もいると思うので、そんな人の為に多汗症を処置してくれる病院やクリニックって一体どんなことをしてくれるんだろう?と、多汗症の治療でも有名な池袋にある「ふくろう皮膚科クリニック」に行って実際に処置をしてもらってきましたが、


結論から言って、デトランスαを使っておけば十分でした。


無駄に高いお金を払ってデトランスαより効果の弱い制汗剤を使ってみてねと言われただけで、なんだかもっと凄い技術を期待していたのに残念でしたよ^^;まあこんなもんか。


池袋西口ふくろう皮膚科クリニックの先生とは?


僕がここのクリニックを選んだのは院長さんが日本でも数少ない多汗症に対して知識のある人で、色々なメディアや公演を行って多汗症について積極的に活動しているからです。


日本皮膚科学総会で多汗症について公演を行ったり、(日本皮膚科学会総会 教育講演1-3 多汗症をいかに治すか)テレビ朝日の汗に対するインタビューに応じたり(テレビ朝日スーパーJチャンネル 7月14日放送 ~危ない自己診断 汗編~)制汗剤で有名なデオナチュレの公式サイトにインタビューをお願いされたり(寒暖差に注意! 秋冬は “ムレ汗”ケアをしっかりと)多汗症の新薬としての可能性新たな技術があればブログで報告して常に近況を報告してくれています。


池袋西口ふくろう皮膚科クリニックの場所

場所は公式サイトを見ながら歩けば迷うことなく目的地にたどり着けました。


営業時間 9:30~13:00 / 15:00~18:00 休診日 水・日・祝日
東京都豊島区西池袋1-39-4 第一大谷ビル3F
アクセス:各線「池袋駅」西口、C9出口より徒歩2分


iPhoneから地図を探さない方がいい…。

iPhoneで「池袋西口ふくろう皮膚科クリニック」と検索すると水色の建物が表示されてたので良く見ると、

なぜか全く違うピンク系のお店が表示されていたので間違って行かないようにしてください。

クリニックに到着。比較的すいていました。

クリニックは広くて清潔感がありました。クリニックに行く前にネット予約して行くと待たないで診断してくれます。お昼頃に行ったら5名くらいの患者さんがいましたが直ぐに案内してくれましたよ。混雑状況はいつでもクリニックの公式サイトからチェックする事ができます。

多汗症の診断ってなにやるの?

多汗症の人って恥ずかしがり屋さんが多いから病院に来れないという人もいると思います。実際僕もそうでしたし…。そんな内容を実際に行って来た体験談としてかいてます。

まずは診察室に入り挨拶をします。「脇汗がひどくて、ワキガの臭いがするんです」と話すと、まずは「ガーゼを脇に挟んでください」と言われて、パーカーを着たまま脇に手を突っ込んで自分で脇に挟みそのまま先生とお話しが始まりました。

ガーゼを持ってきてくれた助手さんが美人さんでちょいと恥ずかしかった…。

こちらのパンフレットを見せられて、色々とお話しをしました。「どれだけ脇汗がでますか?」と聞かれたので「通勤するだけで汗がでます」と伝えます。

57人に1人が多汗症

こちらのパンフレットは初めてみましたが、


多汗症で日常生活に支障をきたしている人は全国に220万人もいると推定されているという数字をみて驚きました..。日本の人口は1億2700万人ですから、約57人に1人の割合で多汗症の人がいるという事になります。この数値をみると自分だけじゃなくて他にも脇汗で悩んでいる人がいると思えると少しは心が楽になりますね。


多汗症のチェックシート

これはずばり僕の事を言い当てられてますね。先生からは「耳垢は濡れていますか?」「ご家族に多汗症やワキガの人はいますか?」という質問もされました。↓クリックで画像が拡大して文字が読めます。

多汗症とワキガは別

多汗症とワキガは汗腺が違うので治療が異なります。

多汗症の治療方法


多汗症を治すには、エクリン腺から出る汗を病院が作った塩化アルミニウムローションを塗ってみて約70%の人が毎日塗ると週に1回塗るだけで脇汗が出なくなる効果を感じるそうですが、これでも効果を感じなかったら第2ステップとして脇に注射を打って汗を止める「ボツリヌス療法」(ボトックス注射)を医師と相談して行う事ができますが、この時、医師が重度の多汗症だと診断されれば保険が適用されて片脇2万円程で行えるそうですが、診断されずに自費だと30~40万円も費用がかかるそうですが、効果は人それぞれで4~9ヶ月しか持続せずに完璧に汗が収まる治療ではないとの事でしたので、まずは塩化アルミニウムローションで様子をみる事になりました。


ワキガの治療方法


多汗症の治療をすればワキガのニオイが収まる人もいるそうですが、ワキガはアポクリン汗腺から出る汗が原因なので「Cellnew」という1本2000円するワキガ専用のクリームを処方してもらい、これを塗ってワキガの効果が収まるか見ることになりましたが、重度の場合はレーザー治療などでアポクリン汗腺を減らしてニオイを抑える事が出来ます。


最初に脇にいれたコットンをここで嗅いでもらう…!!


「最初に脇に挟んだコットンをここで取り出してもらえる?」と先生に言われたので、素手で先生に渡すと、「機械に取り込んでニオイの数値を図るのかと思いきや」


まさかの直接嗅いで、「ん?なんか今日は塗ってますか?全く臭わないですね」と言われたので安心しましたが、すごく恥ずかしかったです…。


病院の先生だからニオイには慣れてるだろけど、知らない人に脇のニオイを嗅がれるってめっちゃ恥ずかしいですね^^;だけど、洋服を脱いで直接脇を嗅がれるような事はされなかったのでそこだけ安心しました。これ重度の多汗症だった頃に行ったら恥ずかしくてコットンがビチョビチョになってやばかっただろうな..。


それでも先生が真面目に診断をしてくれてとても好感が持てました。中学生ぐらいの制汗剤の知識も全然無い時に診断してもらいたかったけど、滝のように脇汗が出るので恥ずかしくて来ることは無理だったでしょうね….。

診断結果


診断結果は、脇汗を抑える塩化アルミニウムローションとワキガのクリームを塗って1ヶ月ぐらい様子を見てまた来てくださいという話で終わりました。


病院でかかったお金は合計4090円


処置してもらった多汗症のローションとワキガクリーム

・20%濃度の塩化アルミニウムローション100ml (1000円)
・Cellnew ワキガ用クリーム(2000円)

薬代合計3240円

診断料は保険適用で850円

多汗症治療をしたら貰った紙。手や足は汗の量がおおいので塩化アルミニウム濃度がより高い塗り薬が出されるようです。

こちらの紙に書かれていますが塩化アルミニウムローションは院内製造されている商品のようです。

クリニックは診断料含めて割高でした。


どんな感じか想像はしていましたが美人な助手さんやら初対面の先生に脇に挟んだコットンを嗅がれるというのはやっぱり恥ずかしかったです^^;ここはアルコールの一杯でも引っ掛けて緊張をほぐして行くべきでしたね。


そして、正直クリニックに行けば塩化アルミニウム濃度の高いローションが貰えると思っていましたが20%の塩化アルミニウムだと市販品のオドレミンを買えばいいわけで、僕はオドレミンだと効果がなかったんですが25%濃度の2900円で購入出来るデトランスαだと脇汗が出なくなったので、4000円に交通費と行く手間を考えたら、歩くだけでも脇汗がでて日常生活が辛いと思ってる僕と同じ人は最初から脇汗が止まる海外通販のデトランスαを買っておけば良いと思いましたよ。


しかし、デトランスαでも止まらないよーと泣きをみてる人は次のステップだと保険適用外だと30万円〜も払って注射を打つことになりますからね…。


僕は数ヶ月脇汗がでなくなるだけに何十万も払う気は無いし、デトランスαを1回ぬれば1週間脇汗がでなくなるので満足してずっと使い続けていますよ。(他の制汗剤をテストする期間を除いてね)1本買えば1年以上保つのでコスパもいいです。


手術まで考えてる人は是非一度お試しあれ。まじで効果が高いのでこれは効くと思います。僕がデトランスαを使った時の記事はこちらに書いてるので読んでみて下さい。

【ワキ汗グッズ】「デトランスα」レビュー!本気でわき汗止まる

多汗症だった僕のワキ汗がピターッと止まったデトランスαが届くまでを詳しく書きました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする