ワキ汗パッドもついてない!一見普通のT-シャツなのにシミない!多汗症の人が着るべきT-シャツを発見しました。 | 脇汗抑えたい人が読むブログ

ワキ汗パッドもついてない!一見普通のT-シャツなのにシミない!多汗症の人が着るべきT-シャツを発見しました。

160621_antisoaked_01

一見普通のT−シャツなのにシミないんですよ。これ。

昔は汗ジミを目立たせないT-シャツなど売ってないので、脇汗パッドを自分でくっつけては汗ジミを出さない工夫をしてたものですが、今はナノ・ユニバースなどの若者に人気でお洒落なショップから普通に汗ジミを目立たせないT−シャツが販売されるようになったので僕も試しにポチってみました。今回かったのはこれです↓

nano・universe 汗染み防止 MIX Vネック Tシャツ


ワキ汗パッドがついてるT−シャツではありません。

160621_antisoaked_02

このT-シャツはAntiSoakedという特別に汗ジミを作らなくする素材で作られたT-シャツであり、ワキ汗パッドがでっかくドーンとくっついてるこんな洋服で恥ずかしい思いをするものとは違います。ワキ部分には何も付いてません。あくまで日常的に使えるごく普通のT-シャツなのに汗ジミを作りにくくするというのが、このT-シャツの売りポイントなんですよ。

160621_antisoaked_03

Anti Soakedとは?

特別な生地表面への加工を施すことにより、記事が濡れ混色に変色してしまう染みが目立ちません。また裏面の給水加工を施すことで、吸水と発散を促進する効果があります。

160621_antisoaked_04

デザインと着てみた感じ。

Vネックで胸ポケットが可愛いくシンプルなので1年中使えます。着てみた感じは綿100%のT-シャツと何ら変わりない肌触りで、ガサガサしたりT-シャツの素材が硬すぎたりすることもなく着やすい感じがしますので、本当に何かが織り込まれてるの?本当は綿100%じゃないの?と思いますが、それぐらい日常的に着慣れてるT−シャツに似た着心地です。

160621_antisoaked_05

材質は綿100%。

160628_nanouniverse_antiko_05

後ろ側

160621_antisoaked_06

2016年6月の天気の良いお昼に走ってきました。

天気が良くて暑い日のお昼に土手を5キロ程ランニングしてきましたがご覧の通り汗だくです・・・。久しぶりに走るとかなり辛いですね。。インナーには白のタンクトップを着て走りました。汗っかきで胸や背中の汗ジミが気になる人はタンクトップを着ると汗が防げていいですよ。僕はユニクロのタンクトップを着てます。

160621_antisoaked_07

首周りにだけ汗ジミは作られましたが

160621_antisoaked_10

右脇は汗ジミが目立たず

160621_antisoaked_08

左脇も汗ジミが目立たないですね。さすがに走ったので汗が多少なりともでていたのに、、あれ??

160621_antisoaked_09

T−シャツに水を掛けても、シミない。

汗が洋服にしっかりくっついていなかったのか不安になったので、ちょっと意地悪に実験をしてみました。

160621_antisoaked_11

生地裏側から水をたっぷりかけて

160621_antisoaked_12

裏側は水が染みこんで染みになってます。さすがにこりゃ表側にも染みができてるんだろうなと思ったら、

160621_antisoaked_13

出来てないんですよ!シミがウソのように無いんです。。恐るべしAntiSoaked製法。。結構たっぷりと水を意地悪に染み込ませたのに出ないとか、これだとかなりのワキ汗でも耐えうる生地になってることが分かりますね。世の中の全てのT−シャツは今後これを基準にしてもらいたいぐらいです。

160621_antisoaked_14

しかし表側から水をかけるとシミになるので、走った時に出来た首周りの汗ジミも表側から付いたからシミになったようです。

160621_antisoaked_15

2017年追記:汗をかいたら表面もぬれているのか?

こちらの商品は表面に染みが出ないというだけで実際、濡れてはいるんでしょうか? 記事を拝見し、仕事中のYシャツを着るときのインナーとしての購入を検討しているのですが、濡れてしまうのであればYシャツには染みてしまうと思うので事前に確認したいと思い、コメントさせていただきました。

以下コメントをいただいたので、再度濡らして表面を触ってみましたが、裏面程濡れていない。現状の写真だと結構水で濡らしてみましたが、表面はあまり濡れてないように見えますが、まさにこの程度しか表面から触っても濡れてないように感じるので、インナーに着たらよほど沢山の汗をかかない or ぴったりしたシャツを着なければしみる事はまずないと思いますが、

白のYシャツからインナーが見えるとカッコ悪くなりますが、肌色のインナーを着ると目だたくなるので、ベルメゾンの脇汗パッド付きインナーなどは肌色タイプが販売されているのでこちらも合わせて参考にしてみてください^^

AntiSoaked製法まとめ

恥ずかしいワキ汗パッドを気にせずに、汗ジミがいつも気になってた人や、多汗症の人が着るのにおすすめの1着です。zozoでもアマゾンでも在庫が少ないのが納得ですね。ちなみにこの製法ではメンズだけでなくレディースラインもあり、T-シャツだけじゃなくシャツも販売されてるので、今度はそれも買ってみたいと思います。

この製法を考えた人は素晴らしいです!ワキ汗で困ってる全国民、世界中の人から褒め称えられる事間違いなしですね。いやー本当に嬉しいですね。この作ってる工場に行って色々と制作秘話とかお話でも聞きたいですね。ぜひこの記事をご覧になったらご連絡お待ちしてます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント