電車通勤で会社に行くまでのワキ汗地獄。 | 脇汗抑えたい人が読むブログ

電車通勤で会社に行くまでのワキ汗地獄。

今日はまだワキ汗を克服してない20歳の頃の僕が、徐々に暖かくなってくる5月半ばの思い出を書いてみました。

天気な日は会社に行くまでも気分がいいです。※服装自由な会社だったので、T-シャツの重ね着や、暑くなるとポロシャツを着たりしてました。
150521_wakiase_boku05

しかし、5月半ばの東京だと、駅に着くまで10分も歩けば僕のワキは程よくぬれて、気分は最悪。沈まれ。太陽よ。と願うばかり。T-シャツ1枚目はヌルヌルしてきます。

150521_wakiase_boku06

そのままワキ汗特急 東京の満員電車に乗り込むわけですが、150521_wakiase_boku07

ポジショニングが上手くいかなくて、目の前につり革がきたら大変ですよ。。
150521_wakiase_boku10

こっちは電車の揺れよりも、ワキ汗をいかに隠すかを考えてる訳なので、つり革が上にあるのに手をピターっとさげたり、
150521_wakiase_boku02

つり革があるのに手を下にしてると、「こいつ痴漢でもするのか?」怪しいやつと見られてないか不安になるので、手を腰に回しつつ、ワキ汗を隠したり、

150521_wakiase_boku03

ワキ汗びっちゃな場合はそれ以上被害が大きくならない様に、手をくの字にしてワキとT-シャツがくっ付かない様にポーズをとったりもしてましたよ。
150521_wakiase_boku04

その状態から電車に揺られて、駅から会社まで歩いて10分。

出社するだけでも毎日ワキ汗と格闘してるので、仕事する前からかなり疲れてましたね。

その頃から主にワキ汗パッドを使ったりしてましたが、仕事中にワキからポロっと落ちた頃があるし、毎朝それを付ける行為が、「僕はワキ汗が酷い人」という屈辱的な行為で、二度と使いたく無いと思ってますよ^^;

28歳となった今の僕は美人な人が隣にいても何ら臆する事無い自信あるワキを、デトランスαという制汗剤のお陰で手にいれました。怪しい通販サイトとは裏腹に多汗症だった僕の汗をピターッと止めてくれたもので、僕のブログで一番売れてる商品です。

そろそろ無くなりそうなので、新しいのを最近注文しときました。暑くても汗がでないサラサラなワキは気持ちいいですよ^^
150521_wakiase_boku01

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする