汗止め帯を使ってみました。 | 脇汗抑えたい人が読むブログ

汗止め帯を使ってみました。


前にも書きましたが、脇の横にはツボがあり強く押す事で一時的に汗を抑える効果があるそうですが、そんな脇の横を毎回自分で押してる訳にもいかないので、長い帯を体にくくりつけてずっとツボを押すための汗止め帯をアマゾンで購入してみました。


買ったのはこれです。汗止め帯 ノーマルタイプ M

2018年1月現在アマゾンで購入した人の感想としては星1が多くて効果が無いという声が大半を占めていますが、果たして効果はどうなんでしょうか。

汗止め帯の使い方

商品はしっかり検品処理までされています。

帯に合計4種類の突起がついており、これでツボを刺激して汗を止めます。

大きなイボのような丸いシリコンが3つ連なってるだけです。

触ると少し弾力があります。

つけてみましょう。

ここから先は実際に装着した、30歳おっさんのお見苦しい体が出ますのでご注意ください。























…….。






し●たい。






何度も装着方法を確認しましたがこれで合ってるそうです。効果うんぬんの前に装着してる時は罰を受けてるような、なんとも言えない情けない気分になりました。確かに胸周りを圧迫されると、ツボ?の効果なのか、誰かにハグされて精神的に安心して汗が出なくなるような気分にはなりましたが、その前に恥ずかしくて自律神経がいかれてしまいそうです。妻に見せたら「何やってるの…?」と怪訝な顔をされましたが、ベランダに干してるのを忘れて付き合いたての彼女にでも見られたら、見て見ぬふりをして音信不通になってしまうレベルだと思います。



マジックテープで止まってるとは言え仕事中に何かの表示で外れたら両手を胸に当てて「キャーーッ!!!」と突然泣き叫んで家に帰ってしまいそうです。


脇汗パッドが職場で落ちた事はあるが、さすがに「イボイボの付いた帯」が服から落ちてきたら、周りの人はどんな顔をするのか想像がつかない。


ちなみにT-シャツ1枚だと正面からも裏側からも分からないので、日常使いは出来そうですが、ブラジャーをつけているような(付けた事は無いが)変な目覚めを起こしそうなので男性はつけない方が良い商品だと思います。脇汗を抑えるなら帯を買うよりもピターッと汗が出なくなるヨーロッパの強い制汗剤があるのでこちらの記事を読んでみてください。


ああ、そうか…。これが筋肉ムキムキの体に付いてたら、「筋トレグッズなの?」と一目置かれる感じになるだろうね。とりえあず、今年の夏はこれを付けて渋谷の街にでも繰り出して効果を検証したいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする