漫画で分かる。ワキ汗がひどかった僕の最悪の1日。 | 脇汗抑えたい人が読むブログ

漫画で分かる。ワキ汗がひどかった僕の最悪の1日。

今回描いた漫画はまだワキ汗パットという物をまだ知らずに東京に来て間もない時の僕です。

北海道から東京に出てきて19歳で大手のデザイン会社に入社出来た僕は、オシャレなビルで働きスーツをパリッと着る大人に東京という言葉にまけないようにと、お給料が入れば1着1万円以上する洋服ばかり買って貯金を一切しないで生活していました。

しかし僕の入った会社はまさに絵に描いたようなブラック会社で、上司のパワハラに仕事の納期が短く家に帰れればまだ良い方で毎日のように泊まりのある会社でした。

そんなある日の休日にメンズノンノを見て一目惚れしたニットを買いました。

この時はまだポリエステルの素材を着て汗がでたら臭くなるという知識も無く、ただカッコいいからという理由だけで買って満足していました。

会社に出社すると冬でしたが歩けば体温が上がってワキ汗がちょっとでてきていました。

ありがたかった事に社員の給料は少ないけど社内は立派でトイレは個室で広々としていたのでワキ汗を拭く時だけは周りの目を気にせずゴシゴシ出来たことが唯一の救いでした。

そしてこの日は前日に納品が終わっていたので早く帰れると思っていたので新しいニットを着てきていました。

しかし、そんな考えは甘くデータ整理をしている僕に「暇だったらこれやってもらえる?」と明日までの仕事を振られて朝までコースになってしまったんです。

上司からの急な無茶振りの仕事が明日までに間に合わせる不安と、ワキ汗が出たらせっかく買った洋服が濡れてしまうという焦りから当然ワキ汗はビッチョビチョになってしまいました。

どうにかデータを作りサーバーにアップして家に帰る頃は朝の7時。

もちろん一睡もしていなくエナジードリンクを頼りに頑張っていましたが、カフェインと納期の不安から自律神経がおかしくなり汗はダクダク出て新品のニットはT-シャツを通り越してひどい悪臭を出していました。

せっかく買った洋服が臭くなるのは嫌だったので家に帰って直ぐに洗濯をしましたが、疲れていた僕は柔軟剤だけで洗っていました。

もちろんネットに入れることもしらず大量の洗濯ものを強引に洗濯して干した次の日には、届いた時とは別物のように伸びたニットになって恥ずかしくてお蔵入りになりました..。

こんなつらい経験を何度もしたから制汗剤を沢山集めてワキガや多汗症の人が一人でも多く悩みを解決してもらえるように制汗剤を使い比べて現在のブログを作りました。

そして200本以上使った今1番効果がりオススメなのがデトランスαというヨーロッパの制汗剤です。これを使ってからはストレスがあってもワキ汗が出ずにニオイまで出なくなりました。

たかが脇汗で困ってるの?と知らない人は簡単に言いますが、僕みたいにただ座ってるだけだったのに、どんどんワキ汗が出てきて困っているという人は是非使ってみて欲しいです。

実際に僕が使った時の記事はこちらに書いてるので合わせて読んでみてください。

合わせて読みたい
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    こんにちは!
    ラヴィリンを使用してほしいと言ったものです。全然使えないものを買わせてしまいもうしわけないです。でもタメになりました!ありがとうございます!
    いまはダヴのアドバンスのデオドラントを使用しています。質問なのですが、塗る量はどのくらいですか?私は脇毛がないので少し違うと思いますが、ダヴだけではなく他のデオドラントの1回の使用量も教えてもらえればありがたいです!

    • 脇汗グッズ管理人 より:

      星さん

      こんにちわ。こちらこそ、星さんからコメントを頂かなければずっと使わなかったかもしれないのでありがたかったです!

      制汗剤を塗る量はどれもスティックタイプの場合は大体1〜2回塗るぐらいですね。
      ダブも白い固形だとおもいますが、塗ると白いのが脇に付くとおもいますがそれを指で伸ばせは効果は発揮されていると思います。

      沢山ゴシゴシぬって脇を真っ白にするほど使ってはいませんね^^;

      言葉で言っても伝わらないかもしれないので記事にしたいと思いますので少々おまちくださいませ。