CHANELの制汗剤【BLUE DE CHANEL】と【EGOISTE】を使ってみました。感想。 | 脇汗抑えたい人が読むブログ

CHANELの制汗剤【BLUE DE CHANEL】と【EGOISTE】を使ってみました。感想。

今までバーバリーやISSEY MIYAKEやエルメルの制汗剤等を買ってきましたが、今回はCHANELの制汗剤を2本買いました。パッケージからしてカッコ良くてプレゼントでもらったら絶対喜ぶやつです。

光沢感のあるボトルでシルバーラベルがカッコいい。

そしてトップにあるシャネルのマーク。

CHANELの制汗剤の香りとは?


・EGOISTの香り 男性向け香水として人気の香り。ラベンダーやローズマリーが入っておりBLUE DE CHANELよりもスパイスが効いていてピリリとしている香りを楽しめます。男らしくスキを見せつけずにビシッとスーツを着る時にかっこよく決めれそうです。


・BLUE DE CHANLEの香り  男性向けの香水としても人気の商品ですが、こちらはユニックスとして使える香り。【自由を生きるための男の香水】というテーマを元に作られたそうです。香りはウッディアロマで、スパイシーな中にレモンやオレンジなどの柑橘系の香りが入っていてEGOISTより甘さを感じるので優しさを演出できるので女性でも使える香りです。


ちなみにどちらも蓋を開けてニオイを嗅ぐと、一瞬強いアルコール臭にビックリしますがどちらも付けてから直ぐに香水の良い香りに変わってくれて、朝塗って夜まで1日中香りが持続してくれました。ワキガの嫌なニオイは一切しなくなりましたが、付けると少しヌメッとしていて1日中べとつく感じがあるのが残念ポイントです。


33度を超える夏場では汗が出てきた。

33度の夏場に塗ってから外に出てたら、じわじわと汗が出てきたので制汗効果はそこまで高くないので、多汗症で汗を1滴も出したくない人向きの商品ではありませんが、何も塗らない時より70%程抑えてくれてる感じはありました。


ギリギリまでスティックを伸ばしてみたら60gと大容量入ってました。脇毛があってもこの質感の固形制汗剤は減りが少なく1年以上持つのでかなりお得で、女性だと余裕で2年以上持ちます。


制汗剤に1本4500円以上と聞けば高いと思いますが、ワキガのニオイと汗を抑えておきながら、CHANELの香水の匂いを楽しめるのであればむしろ香水と制汗剤を別々で買うよりお得です。


制汗剤と分からないボトルデザインといい、オシャレな制汗剤を求めてる人は満足のいく1本だと思いますが、無臭で脇汗を1滴も出したくないのであればヨーロッパの制汗剤であるデトランスαが最強なので、こちらも合わせて読んでみてください。汗染み作りたくない人の必須アイテムですよ。

合わせて読みたい


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする