多汗症歴15年以上の僕がオススメする夏場の服装アイテム | 脇汗抑えたい人が読むブログ

多汗症歴15年以上の僕がオススメする夏場の服装アイテム

僕は体温が平常時でも36.7°あり、平均的な人より体温が高く暑がりの体質なので、いつも夏場は汗が出てくるので困っていましたが、そんな僕でも涼しく過ごせる服装を見つけました。

汗染みが出来ないT-シャツがオススメ!

160621_antisoaked_05

ナノ・ユニバースから発売されている、汗をかいても汗染みが目立たない僕は6着買ったお気に入りのT-シャツです。

綿100%のT-シャツですが素材に特殊加工されているので、内側に汗をかいても表側に汗が目立ってこないのですが、何度も洗濯すると汗染みが出てきてしまったので注意してください。

それでも初めて着たときの効果は抜群でとてもビックリしましたので汗っかきの人には是非着てもらいたいです。

合わせて読みたい

T-シャツの中にタンクトップを着る事がオススメ!

161106_wakise_torenai_02

タンクトップを着ると制汗剤を塗れない背中や胸元から出る汗を吸い込んで汗染みを出さなくしてくれるだけじゃなく少し小さめの体にフィットするタンクトップを着ると、体をギュッと締め付けてくれる汗止めバンドの効果を発揮して、汗をを出しづらくしてくれるので、着るだけでも汗が出づらくなってくれます。

大きなブカブカしてるタンクトップを着ても意味が無いので注意してください。

これで、脇汗はデトランスαで止めて、背中や胸はタンクトップで抑えられるのでT-シャツまで汗が貫通する事なく、上半身の汗はしっかり出なくなりました。

今まで着た組み合わせの中で1番軽くて涼しく汗が抑えられる組み合わせの服装がこれでした。

僕が気に入って着ているのはユニクロの1枚590円のタンクトップで、5年以上これを買い続けていますが、安くて良さげな物があれば他の物でも良いと思います。

公式サイト ユニクロ ドライカラーリブタンクトップ

短パンにサンダルが涼しくて最高なのでオススメ!

写真の商品はこちらの2点です。

(ナノ・ユニバース) nano・universe サイドシャーリングリネンショーツ

ATIKA メンズ スポーツサンダル

基本的に汗をかきやすい夏場はいかに服装を軽量化して汗を出さなくするかが1番のポイントだと思っていますが、サンダルに短パンだと涼しくてとても快適に過ごすことが出来ます。

体の温度は足元が大切だと言われていますが、足元をサンダルにすると暑い夏場も一気に体が涼しくなります。

かかとがあるので、走っても脱げなくて足がしっかりホールドされていて安定感があり歩きやすく、おしゃれでなおかつ涼しいです。

ABCマートやお店にも見にいきましたが、どれも6000円~10000円が相場でしたが、これは3290円と安いのに作りがしっかりしています。

さすがにひと目が気になってサンダルや短パンで出社出来ないという人は、会社にサンダルを常備して、デスクワーク時だけ履き替えるだけでも随分涼しくなるので快適になります。

夜遅くまでデザイン会社で働いていましたが、唯一の救いは自由な服装で出社出来る所でした。これが営業職でスーツを着なければいけない仕事は絶対に無理だと思いましたね。

多汗症で暑がりの人は、他の人が気にならない温度でも暑かったりするので、自分なりに工夫して涼しく快適に過ごせるようにしてみてはどうでしょうか^^

短パンが履けない人はスラックスパンツがオススメ!

短パンが履けない人の為にオススメなのがスラックスパンツです。

素材はサラサラしていて履き着心地が良くジーパンの半分以下の薄さなので、とても軽くて涼しく一度履くと病みつきになります。

スラックスは夏場だけじゃなく年中履けるので短パンより履き回せるメリットもあり、ユニクロのズボンは2990円と安いので試着してみて欲しいと思います。

合わせて読みたい

合わせて読みたい

汗染みが出来ないシャツがオススメ!


160227_freshmaxshirts05

こちらはフレッシュマックスシャツと言われる汗染みを作らないシャツです。

SMARTWAVE製法といわれる独自の技術で内側に汗をかいても弾かれて、汗ジミにならないんです。根本的に染み込んでくれずに全て水分が弾かれるんです。

夏場でもスーツを着なければいけない営業職のサラリーマンの方は、汗がシャツに染み込んでクリーニングが大変だったりすると思いますが、そんな人にはかなりありがたい商品だと思います。

合わせて読みたい

この服装はやめたほうがいい!

汗っかきで多汗症と言いながらジーパンに厚手のポロシャツを着ている人なんかを見かける事があるけど、あれは暑すぎて絶対に辞めたほうが良いです。

そんな事も知らなかった昔の僕はポロシャツにジーパンに、暑くて足が蒸れるからナイキのハイカットスニーカーを履いてニオイが出ない工夫をしていましたが全てが逆効果だったんです。

↓20代の頃の僕の服装

ジーパンは厚手で履くと足から汗が滴り流れる事があり、ポロシャツは厚手なので汗を吸い込んでくれるから安心感があると思いきや熱気がこもって体温が上昇して1日中体から熱が逃れずらくなります。

また、T-シャツの上から半袖のシャツを着て汗をごまかす服装をしている人もいますが、シャツはT-シャツと同じぐらい薄くて濡れやすいので、体温だけ上がりあまり意味がありません。

汗を隠すどころかどんどん汗が出てくるので意味の無い服装なんです。

無駄にカバンを持ち歩くのを辞めませんか?

カバンを背負うと背中と密着して熱がこもり汗ばむので僕はカバンを基本的に持たないで出社していました。

デザイン会社で働いていた時は服装が自由だったので短パンにサンダルを履き、財布とスマホだけをポケットに入れて手ぶらで出社していたんです。

周りからはコンビニでも行くの?と言われたりしていましたが、何せとても涼しくて汗の出る量が激減して満員電車に乗っている最中もとても快適なんです。

大きなカバンを背負って会社に来ている人がいましたが、仕事で必要なのは会社のパソコンだけなのに、女性がお化粧ポーチを入れて持ち歩くわけでもなく、何となくカバンを持っているのであれば、持っていく必要は無いと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする