世界中の制汗剤は大きく別けて7種類ある!その中で脇汗を1番止める制汗剤はこのタイプ! | 脇汗抑えたい人が読むブログ

世界中の制汗剤は大きく別けて7種類ある!その中で脇汗を1番止める制汗剤はこのタイプ!

2014年から制汗剤を集めだして200本以上の世界中の制汗剤を集めてきましたが(証拠はこちら)、制汗剤は主に7種類のタイプに別けられる事が分かり、その中で脇汗を止めたい人にオススメの制汗剤はどのタイプなのか記事にしました。

・固形制汗剤
・パウダースティックタイプ
・ジェルタイプ
・ロールオンタイプ
・ミョウバンの塊
・クリームタイプ
・スプレータイプ

①ロールオン 塩化アルミニウム配合タイプ

塩化アルミニウムが配合されている海外のロールオンタイプの制汗剤は汗を抑える効果が強くてピッタリ止める事ができる上に5日に1回塗るだけで効果を持続してくれます。そんなに効果が抜群な制汗剤なんてあるわけがないと思いますが、僕だけじゃなくてデトランスαを使った人の口コミを読むと多くの人が喜んでいるのが分かります。実際に僕もこの口コミを読んで買う踏ん切りがつきました。

使い始めは副作用で脇に痒みが現れますが、1ヶ月も使うと肌に馴染んで痒みがおさまり汗だけが止まるようになります。デオランスαの制汗剤を使えば他の制汗剤なんてどれもいらなくてゴミクズに思えてきますが、それぐらい成分効果に雲泥の差があります。

実際にデトランスαを使った記事はこちらに書いてるので合わせて読んでみてください。【ワキ汗グッズ】「デトランスα」レビュー!本気でわき汗止まる

間違っても、市販のロールオンは成分が全く違うので買っても効果がありません!裏面を見てもらうと分かりますが、自然由来の成分しか含まれておらず脇汗やワキガの臭いが収まる事は絶対にないように作られているんです。

②固形制汗剤

オールドスパイスAXEシリーズなど海外の制汗剤では石鹸が固まったような固形制汗剤が販売されてます。固形制汗剤のメリットは、量が全然減らずに長期間使えてコスパが良くいい香りが配合されている物が多いので香水代わりに使う事も出来ます。

しかし、素材はネチョネチョしていて、ドライヤーを使っても乾かず塗るとずっとジェルが付いてるように若干のネトツキが残り、ピッタリ目の洋服を着ると青色に着色されているので洋服に色移りする恐れがあるので注意が必要です。

また、汗に強い反面、水にも強くてお風呂に入っても落ちづらくてボディーソープでゴシゴシしても全部洗い落ちない事があります。例えるなら脇にガムがべっとりくっついて取れないイメージです。

汗を抑える効果はデトランスαより弱くて極度に緊張したりすると出て来る事があるので注意が必要ですが、オールドスパイスの制汗剤はどれも日本の薬局に売ってる制汗剤より効果は抜群にあります。デトランスαより値段が安いので試しにオールドスパイスを買ってそれでも脇汗をもっと止めたければデトランスαを使えばいいと思います。

③パウダースティック制汗剤

パウダータイプの制汗剤も固形の制汗剤同様香りが強くて香水代わりに使う事ができますが、汗を止める効果は固形タイプと同じぐらいで0にはなりません。

パウダータイプは固形より香りの幅が広くて女性でも使えそうな甘い香りが多い印象です。男性が使うと脇毛に絡まり消耗が激しく毎日使うと3ヶ月ぐらいで無くなってしまいます。

塗った直後は脇毛に絡まるので指で伸ばす必要があり、黒い洋服を着ると白い粉が移ってしまうデメリットもあります。

またこちらの制汗剤も水に強い反面お風呂に入ってもガムがひっついたように落ちません。

オールドスパイスの制汗剤は色々な香りがありますが、今まで使った香りはこちらにまとめているので合わせて読んでみてください。どれが良い香りだ!男の制汗剤”オールドスパイス”20本を徹底比較!※随時更新

④ジェルタイプ

ジェルタイプの制汗剤はさっぱりとした香りが多くて塗り心地も非常に良くすぐに乾いてくれます。汗の出る量は半分ぐらいに減ってくれますが、メーカーに関係な乾いたジェルが白くなりポロポロとフケみたいに脇から振り落ちるのが欠点なのでノースリーブの洋服を着る場合は絶対に使わない方が良いです!

また、使わずにずっと置いてあったジェルタイプの制汗剤は白く濁って成分が分離したりと長期保存にも向かないので、制汗剤としてはあまり買わない方が良い種類です。

ジェルタイプの制汗剤を使った記事はこちらに書いてるので合わせて読んでみてくだい

⑤スプレータイプの制汗剤

スプレータイプの制汗剤は以前こちらの記事でまとめましたが、基本的に汗や臭いを1日中抑えるものではなくて、運動して汗をかいたり、急に脇汗や臭いが出てきてどうしようもなくなった時にコンビニに駆け込んで一時しのぎで使う商品なので、スプレータイプは普段から脇汗がたくさん出ていたり、ワキガで臭い人が使う商品ではありません。

スプレータイプの制汗剤はガスを使うので肌への負担がかなり掛かり、火傷をする恐れもあります。海外では「デオドラントチャレンジ」と言って、どれだけスプレーに耐えれるかを競い合うゲームが流行っていましたが絶対にこんな遊びをしてはいけません。

昔の僕は汗が止まるはずのスプレーなのに、どれだけスプレーをふきかけても汗が止まらずに使い方が間違ってるのかな…?と思っていましたが、スプレーをしても汗や臭いが収まらない場合は重度の多汗症やワキガである可能性が高いので注意してください。

中学生の僕が馬鹿すぎて「スプレーをしたら汗が止まるって書いてたけど中々止まらなくて痛みに我慢してスプレーしたら火傷になった」なんて事にならなくてよかったですが、正直過剰な広告は打たないで欲しいと思います。

スプレータイプの制汗剤を使い比べた記事はこちらに書いてるので合わせて読んでみてください。自腹で購入!制汗剤スプレーを11種類使い比べて分かったオススメのスプレーはこれだ!

⑥ミョウバン石

ミョウバンが固められているだけの石ですが僕が中学、高校、専門学生の間ずっとお世話になっていた制汗剤がこれです。汗は1ミリも止まりませんが、朝これを塗るとワキガの臭いが18時ぐらいまで一切でないので使っていましたが、それ以降徐々に臭いが出てきてネトネトした悪臭のある汗が出てきました。もっと早くデトランスαに出会っていればと思いますが、当時はスマホがなくネットもISDNからADSLになった頃で今みたいに何かを調べる時代ではありませんでした…。

実際に使った記事はこちらに書いています。【ワキ汗グッズ】10年程使っていた。僕の青春を返せ。”デオナチュレ クリスタルストーン”は効かないので買わないほうがいい理由。

⑦クリームタイプの制汗剤

クリームタイプの制汗剤はワキガの人向けの制汗剤で脇汗を抑える効果はほとんどありません。つける際にも1度指から脇につけないといけないのが面倒で、指が油っぽくなるので手を洗う必要があります。多汗症でワキガの僕は脇の臭いはクリームタイプを使わなくても塩化アルミニウムが配合されているデトランスαでも抑える事が出来たので兼用していません。

ボトルだけおしゃれですが正直効果はイマイチなものばかりなので値段だけが高く正直買わない方が良いと思います。

ちなみにこの写真のクリーム制汗剤は1本10584円しますが効果は微妙でした。使った時の記事はこちらに書いてるので合わせて読んでみてください。高級制汗剤ノアンデはワキガに本当に効くのか?使ってみた感想を書きました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする