夏場の汗対策!暑い夏場に出てくる汗は直ぐに拭かない方がいいんですよ。ただしワキは別です! | 脇汗抑えたい人が読むブログ

夏場の汗対策!暑い夏場に出てくる汗は直ぐに拭かない方がいいんですよ。ただしワキは別です!

ゆーすけ
汗が拭いても拭いても出てきて不思議に思ったことはないですか?

人間は体温を調整して体内の温度が36度前後になるように作られています。

そのため気温が上がると体温調整をする為に、人間は体から汗を出して温度を下げています。

身に覚えのある人がいるかもしれませんが、気温の高くて暑い夏場に汗をいくら拭いても直ぐに出てくるという人は、体温を下げようとして汗がでているのに、それを拭いてしまっては体温が下がらないので、すぐにまた体温を下げようとして汗が出てくるので、「汗はかいたら直ぐに拭きましょう」と言われていますが、実際は汗はすぐに拭かずに時間を置いてから拭いた方が、体温が下がるのでその後に汗は出づらくなるんです。

もちろん、そんな事を言っても汗が洋服に染み込んでしまうと、臭いの原因となるのでハンカチやティッシュで体の水分を全て吸い込んでしまうのではなく、塗れているボディーペーパーなどで汗を拭き取りつつ、皮膚の上を少し塗らしておけば自然と汗が収まってくれやすくなりますよ。

脇汗は体温調整に影響ないので直ぐに拭いて大丈夫

しかし、脇は別です。脇は人間の構造上閉じた部分にあり蒸発しずらいようになっている通り、脇から出る汗は体温調整にそこまで関わっていないと言われているのできっちり拭いてあげても問題ありません。

また、精神的発汗で出てくる、いわゆる緊張した時に出る汗も体温調整と関係ないので直ぐに拭く必要があります。放置しておくとドンドン臭いがきつくなり、自分だけじゃなくて周りの人にも不快な思いをさせる原因となります。

体温調整と違うのは汗の出る場所と汗の質です。精神的発汗の場合は主にワキと顔からジトー
っとした汗がでやすくてその時に出る汗は粘り気があり臭いもキツいので直ぐに拭いてあげる必要があります。

全身から出る汗や、臭いは汗腺の量によって個人差があります。少し暑いだけなのに汗が出て困っているという人は全身の汗を止めてくれる飲み薬のプロスパスや、塩化アルミニウムの効果でギュっと脇汗を出さなくしてくれるデトランスαなどを使うと、市販製品よりも効果が高くて手術まで考えている人の救世主となるので是非参考にしてみてください。

ゆーすけ
汗が出ないと精神的にとても楽で仕事もはかどるようになりますよ^^特にデトランスαは抜群に効果があるので試す価値が十分にあります!
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする