2019年新作 GATSBYの制汗剤2種類を使ってみたけど脇汗ダダ漏れでした。画像あり | 脇汗抑えたい人が読むブログ

2019年新作 GATSBYの制汗剤2種類を使ってみたけど脇汗ダダ漏れでした。画像あり

ゆーすけ
説明に汗は止まらないと書かれていました^^;

2019年にGATSBYから新しく発売されたロールオンタイプとスティックタイプの制汗剤を2種類試してみました。果たして広告に載っているような柳楽優弥と新田真剣佑みたいなかっこいい男になれるのか使ってみた感想を書きましたよ。

1本目 GATSBY プレミアムタイプ デオドラント ロールオン

f

1本目は「出た汗をキレイに保ち1日ニオイを抑える」と書かれている商品です。(gatsby公式サイトにもしっかりとそう書かれています。) 汗が出る前提の商品です。

アマゾンでポチり。

パッケージの裏を見ても、クリーンフィルターとかよくわかないカタカナ言葉でごまかされているとしか思えません^^;

石鹸の香りよりエタノール臭が強い

早速使ってみましたが、石鹸の香りが消えるぐらいエタノールのニオイが強くて、石鹸の香りは弱いです。塗った直後は香りがするけど、その後は徐々に薄れていきほぼ無臭になります。ロールは大きくて塗りやすいのはグーですね。

そして説明書通り、汗が止まらなくて3時間後には大きな汗染みが!

商品に汗が止まると嘘は書かれていないですが、多汗症には使うだけ無駄な制汗剤でした。ただし、ワキのニオイはお風呂に入る時に確認しても臭くなかったのでそこだけ効果はありました。

しかし、この時古着のT-シャツを着ていたので、汗が染み込んだ洋服からは変なニオイが出てきていたので、結局汗は無臭でも洋服を着ている場合には素材によっては悪臭となり最悪脇にもニオイが染み込む事があるんですよね…。昔の思い出が蘇ってきます…。

ロールオンタイプでただの液体なのにお風呂で脇を洗ったら、ベタつきいて洗い流しはしずらかったのでしっかり成分が付着しているのが分かりました。

2本目 GATSBY プレミアムタイプ デオドラント ロールオン

こちらも2019年に新発売されたスティックタイプの制汗剤で、「出た汗もキレイに保つ」と公式HPに書いてある通り汗を止める効果はない事が分かります。

にしてもたった15gで711円とは高いですよね〜。オールドスパイスだったら63gも入って1000円ちょっとですよ。しかも汗とニオイを抑える効果がしっかりあるのにこちらときたら…。

スティックは少し緑色をしていてよく嗅げばうっすらエタノールの香りがしますが、塗って洋服を着るとほぼ無臭になりました。

男性は脇毛があるからスティックタイプは消耗が激しいので、15gなんてあっという間になくなりますよ。

そして脇毛にからまった白い制汗剤がの粉が洋服にそのまま付着すると変色する事もあるから使い勝手があまりよくないんですよね。それでも海外の制汗剤は香りがいいから使うけど、日本のスティックタイプは本当にオススメしません。

ちなみにこのデザイン、過去にも同じのを買ったと思ったら、2017年に購入した商品とまんま同じボトルでラベルが新しくなってるだけでした。しかし香りはエタノールの強さが弱まっており2019年バージョンの方が使いやすくなっています。

僕はこのエタノールの甘い香りが脇のニオイと混ざると余計にワキガのニオイが強くなるから使わない事にしていますが、今作はワキのニオイが臭くならずに使う事が出来ましたよ。そして夜までにおわなかったです!

しかし、肝心の脇汗はしっかりと出るので使えたもんじゃありませんでした…。

GATSBYの制汗剤は値段も800円ぐらいなので中学生〜からターゲットなのでしょう。

日本の制汗剤は毎年新しい物が発売されてもいつもほぼ同じ成分しか入っていません。そして効果がどれも弱いです。ダイエットサプリメントを販売する仕組みと同じで効果がないからずっと売れ続けますが、本当に汗を止とニオイを止めたいのであればデトランスαがオススメですよ。どんな制汗剤なのかこちらに記事を書いているので合わせて読んでみてください。

ゆーすけ
値段が安いにはそれなりの理由があるんですよね〜
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする