気にしすぎな人は肌触りの良いダブルガーゼ素材の洋服を着てみて欲しい | 脇汗抑えたい人が読むブログ

気にしすぎな人は肌触りの良いダブルガーゼ素材の洋服を着てみて欲しい

洋服はどう選んでいますか?

好きなブランドで選んだり、デザインが可愛かったり、安いか高いか値段で選んでいると思いますが、

最高の素材がダブルガーゼだったんです!

洋服を選ぶときはついつい表側のデザインに目が行きがちですが、
実際に着てみると表側の素材はいいのに、
内側の素材がガサガサしていて肌と触れ合った時に、
なんだかそのこすれた感じが気持ち悪くて、
どうもしっくりこない事が多々ありました。
僕は人よりも肌に何かが触れるのを気にしすぎる性格で、
1度気になりだすと気分が悪くなり、
自律神経の乱れから脇汗が出やすくなる体質なんです。

ニットのチクチクや、
厚手でガサガサしてるパーカー素材だったり、
ポリエステル素材で冬用に作られている厚手のパンツなんかも着ると、
なんともいえない落ち込んだ気分になり、
1日中その素材が気になって嫌な気分で過ごすことになます。
特に辛かったのは学生時代に
学校指定のブレザーを着ていましたが、
インナーには硬いパリパリした厚手のシャツを着る必要があって、
素肌にそのシャツが触れ合うと、
硬い素材がなんとも居心地が悪くて、
ストレスから脇汗がドバドバ出て、
思春期という事もありニキビもひどいことになりました。

もちろん自分でシャツの素材を選ぶ事もできないし、
お金がないので買う事もできずに
仕方がなくそれを着て学校に行っていましたが、
首回りの詰まる感じとか本当に肌と硬いシャツが触れ合うのが大っ嫌いでした。

その時から将来はスーツを着る仕事だけは絶対に無理だと思っていたので、
自由な服装でずっと座って黙々と1人で働けそうだからと言う理由で
デザイン系の仕事をしようと心に決めて、
今はありがたいことにデザイン形の仕事をしています。

どこの洋服のブランドを着ているとかよりも、
かっこいいデザインよりも、
素材が大切と気付いてからは、
若い頃みたいにゾゾタウンを見ていたら
「これかっこいい!!安いし買っとけ!!」
みたいな勢いで一目惚れした洋服をネットでポチることはせずに
絶対に素材を触ってから購入するようになりました。

色々なお店を回って、
畳んである洋服を崩さないように指でチロチロっと
肌触りをチェックして、
「おっ?!今の肌触りめっちゃ気持ちいい!!」
と思ったら実際に試着してみて
そこからデザインとかサイズ感とか
着心地が本当によかったら購入するようにしています。

洋服は1着何千円もする高い買い物ですが、
そのおかげで洋服を買ってから失敗した!
という事が今は全くなくなりました。

ただ、そんな時に出会った最高の素材が
ダブルガーゼ素材のシャツだったんです!!
綿100%ですが普通のシャツとは違った加工方法で作られているので
柔らかさが断然違うんです。

正直これだけはゾゾで安ければ素材の良さが分かっているからポチっても問題ありません。
ダブルガーゼ素材は赤ちゃんの肌着でも使用されているぐらい
肌に優しい素材で、体を動かした時に、
肌と洋服が触れる部分が気になるどころかフワフワで気持ちいいと思えた素材だったんです!

綿100%の普通のシャツを着て動いてみるとシャカシャカ硬い素材の音が聞こえますが、
ダブルガーゼ 素材はシャカシャカ言わず、そのシャツの柔らかさが分かると思います。

こんな素材のシャツがあったんだ!!とびっくりしてそれ以来シャツを買うときは必ずダブルガーゼ 素材を選ぶようにしていますが、無印ではこのダブルガーゼ 素材を使ったシャツを安く販売しているので試しに着てみたい人はお店に行って肌触りをチェックしてみてほしいです!


ちなみに僕が過去にゾゾと無印で買ったダブルガーゼシャツはこれです。


値段は2990円から3990円前後なので買いやすく、男性用、女性用の商品が販売されていて、デザインもシンプルなのでどんな年代の人でも着る事が出来ます。

しかし、ガーゼと書かれている通り一般的なシャツの綿素材より薄いので、汗などが染み込み安いという難点だけは注意してください。

ただ、僕の場合はフワッとした素材で、洋服を着ているけど着ている感じがあまりせずに軽くて動きやすいので精神的に楽になり汗が出づらくなってくれました。

正直これを一度着てしまうと、デザインうんぬんよりも気持ち良くて仕事もストレスフリーになり、いつもより快適に過ごす事が可能になります。

チクチクニットを着るのが無理だからとシルクの入ってるニットを着た事もありましたが、シルクよりもダブルガーゼの方が値段も安くて着心地もよくてこの上なく最高な素材です。

1日中気持ち良く過ごせる洋服を探している人はダブルガーゼ 素材の洋服を来てみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする